西要寺の歴史

当寺開基由来

 

当寺開基は1531(享禄4)年頃と推定されます。

先祖は伊丹の有岡城主荒木摂津守村重の家臣堀八郎と言い、荒木氏没落の後、当村(立花村)に居住し、三反の土地を開拓したことから当地を三反田と名づけられました。

当寺御本尊(阿弥陀如来像)は、その裏書きによると、当寺初代住職浄祐の申し出により、本願寺第十代宗主証如上人より下付されました。

現本堂につきましては、当寺第15代住職祐眞の時、1995(平成7)年6月に竣工、1997(平成9)年10月26日に落慶法要をお勤めしました。一方、旧本堂につきましては、当寺第6代住職祐秀の時、1711(正徳元)年3月15日に御還仏し、落成しました。

また、現在の庫裏につきましては、1997(平成7)年11月に建築を着手し、1998(平成8)年12月に完成しました。一方、旧来の庫裏につきましては、当寺第10代住職祐道の時、1816(文化13)年に再築されたものでした。

さらに、1652(元禄5)年9月には本願寺より御絵伝4幅が下付されました。

また、1873(明治6)年、尼崎市内の小学校の中で最も古い小学校の一つ、立花小学校が出来る前には、西要寺において保性小学校という校名で開設されました。

西要寺歴代住職

 

  初代:浄祐  2代:浄祐  3代:祐斉  4代:祐清

  5代:祐浄  6代:祐秀  7代:祐賢  8代:祐哲

  9代:祐応  10代:祐道  11代:祐成  12代:善乗

  13代:祐憲  14代:祐興  15代:祐眞  16代:祐彰                   

  

以下のページもご覧ください

西要寺会館・法要のご案内

西要寺の会館・法要についてご紹介しております。

アクセス

概要とアクセスマップを掲載しております。