西要寺住職の主な活動

西要寺住職(堀祐彰)の主な活動

西要寺住職として

もちろん、主の仕事は、西要寺住職としての仕事です。前住職(西要寺15代)とともに、西要寺の門徒さん宅への月参り、法事、葬儀の執行。原則的に平日の午前中は、西要寺の法務を行っています。土日は仕事があれば終日です。

浄土真宗本願寺派総合研究所 研究員

平日の午前中には、西要寺の法務を行い、午後には京都へ行きます。浄土真宗本願寺派総合研究所の研究員として業務をこなしています。

なお、昨年度、『御伝鈔・御俗姓(現代語版)』の編纂に携わりました。本願寺出版社ほかで発売されています。

龍谷大学関係の仕事

 今年度は龍谷大学の瀬田学舍(滋賀県大津市)におきまして、「仏教の思想」の講義を担当しています。前期につきましては、コロナの影響によりオンライン講義となっています。一方、龍谷大学の公開講座(REC)の講義につきましては、コロナの影響により休講となりました。

以下のページもご覧ください

西要寺の特徴

西要寺の特徴についてご紹介しております。

アクセス

概要とアクセスマップを掲載しております。